上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月5日におこなわれたサマーパーティは、最高に盛り上がった素敵なつどいになったと思います。企画から進行まで一手に引き受けて頑張ってくれた町さん、ありがとう!

いい場面はたくさんありましたが、やっぱり合唱団ですから、自分たちが歌っている瞬間が一番嬉しそうで生き生きしていましたね。まったく練習もしていないのに、女声合唱の唱歌、男声合唱のロシア民謡、聴いている人の胸に響きました(男声の歌については、女性陣からお褒めをいただいたので、それを真に受けています)。“うちの女声ってこんなに上手いんだ!”と感動するほど、声が良く伸び、広い会場を満たして響いていました。高いラ音を“楽しいんだ”と思って歌い込んできた成果でしょうか。

初めて歌った人も少なくなかった「あすという日が」も、富澤先生のご指導よろしきをえて、みんなそれなりに歌っていましたし、全員が手を繋いで「ふるさと」を歌ったときは、“こんなに参加者がいるんだ”と富澤先生も驚かれるほど、会場いっぱいに輪が広がりました。

暑い暑い一日でしたが、この感動を力に、12月2日をめざして頑張っていきましょう。(バス・常岡靖夫)
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。