上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリトン・ソロを歌って下さった宮本益光さんが、ご自分のブログで次のように書いておられます。
読んで、限りなく励ましをうけました。
紹介します。
(バス・常岡靖夫)



【宮本益光さんのブログから】
第九1 終わり
December 02 [Fri], 2011, 0:54


今日はオペラシティで第九でした。
指揮は何度もご一緒したことのある小松長生さん。オーケストラは日本フィル。
小松さんとは名古屋のセントラル愛知さんとで第九を歌わせていただきました。
懐の深い、そして熱い指揮をされる方です。
パワフルなコンビによる熱い第九でした。
そして合唱は東京フロイデ合唱団。スローガンの一つが「人生の完成期に生涯忘れられない感動を」です。
プロとしてこのスローガンにどう応えるか…考えるとそれは容易なことではなくドキリとさせられました。
忘れられない感動を頂戴したのはむしろこちらの方で、満員のお客様を前にして、実に堂々とした合唱であったと思います。
僕としても12月1本目の第九でした。1本目が上手くいくと、とっても気持ちが良いものです。
知り合いの多い日本フィルさんとの共演というのも嬉しいものでした。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。