上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週練習時の休憩時間に「1日20時からのNHKBS2”映画音楽全集”を是非見てください。特に錦織健さんの”慕情”は圧巻です」と皆様にPRしましたが「大失敗であった!」と猛反省しております。7月16日のNHKホールでの公開録画を視聴し、圧倒された感動を味わっていただきたいと思ってPRした訳ですが、放送ではあの迫力が全然感じられずTVの前に2時間15分座っていただけでしたね。考えて見れば当たり前のことで、これだけ音響技術が進歩した現在でも大ホールの音響を全て拾える筈がなく天下のNHKでもこの程度なのかと改めて実感させられました。結論は演奏は”生”に限るということですね。大赤面!!                            バス:町 利明
コメント
へたでも生!
やっぱりナマの威力ですよね。
フロイデを聴いてくれた方々が感動するのは、ナマだから!
あとでCDを聴くと、必ず失望します。第10回は比較的良かったけれど。

今年の暮れは、NHKの「第九」を聴くんじゃなくて、芸劇まで足を運んでフロイデの「第九」を聴くように宣伝しましょう。
私たちの心を伝えられるのは、やっぱりナマですね。

もっとも、録音でも心を伝えることはできるはずですが、それにはプロであっても、ものすごい努力が必要だと思っています。

実は”映画音楽全集”、録画しただけでまだ観てないんですよ。
2009/08/04(Tue) 11:17 | URL | バス・T | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。