FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(長文です)
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの試合会場の一つに、岩手県釜石市が選ばれました。
地元にとって、震災からの復興に向けての大きな弾みになることが期待されます。
釜石といえば、もっとも被害が甚大だった鵜住居地区にある釜石東中学校には、富澤先生が毎年合唱指導に赴かれています。その釜石東中学の生徒たちが、震災からわずか九か月後に第九を演奏していていたのをご存知でしょうか。

私には釜石東中学の前身である、鵜住居中学出身の友人がいますが、彼は兄と祖母を津波で失いました。そして、兄の奥さんも親族11名を失っています。
今回ワールドカップ開催が決定したこと祝そうと友人に電話したところ、なんとなく釜石の第九の話になりました。
クラシック音楽など全く縁がない男なのですが、インターネットで聴くことが出来ることを紹介すると、「ふ~ん、じゃ、まあ聴いてみるわ」という返事でした。そして電話を切ってほどなくメールが届きました。

『観ました。大人に混じって中学生が歌ってるとは思えません、素晴らしい。
田舎者の自分ですからクラッシックなどは無縁ですが、感動する音楽にジャンルは無いってことですね。
三階に車が突き刺さった校舎は、震災後5月に家族で見てきました。恐怖感よりただただ悲しかったのを覚えています。建物や街並みにも命があります。人が居て建物があって住んで、それで復興ですね。観客の拍手、声援を聞きそう感じました。AKBより良いです(笑) ありがとうございました。』

紹介してよかった、そう思いました。
バス/泉舘
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。