FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月23日(水)、いよいよ今年の練習がはじまりました。春の練習には23日現在で94人が登録していて、順調な滑り出しでした。
初見で挑んだのが「地球星歌」。名曲「COSMOS」のミマス(作詞・作曲)&富澤裕(編曲)のコンビによるもので、とくに中学生の間で大フィーバーしている曲です。“星歌”とは聞き慣れない言葉ですが、富澤先生の話によると、小学生の女の子が“校歌みたいなもの”と見事な回答をしたそうです。そう、地球の歌にふさわしい壮大な思いを感動的なメロディとハーモニーで歌い上げた曲です。
皆さん、だいぶ苦労していましたが、最後にはなんとかこの曲らしい響きが練習会場から聞こえてきました。

来週(28日)も曜日が変則的で、月曜日です。間違えないように!
練習曲は「ソウラン節」です。おなじみの民謡を元に、清水修さんがアカペラのすごい合唱曲として作曲されたものです。民謡に違和感を持っている人にも絶対のおすすめ曲です。
ただし、相当難しいですから、次の模範演奏(合唱団京都エコー)を聴いておいて下さいね。(バス・常岡靖夫)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。